餃子をうまく焼けるように

私の旦那は浜松餃子で有名な浜松市出身です。

 

私は餃子はあまり好きではないのですが、旦那は実家に住んでいるときには月に数回餃子を食べていたそうです。

今でも、おいしい餃子が食べたいと良く注文してきます。

 

でも私は餃子が上手く焼けません。

テフロン加工のフライパンを使っているのですが、餃子をお皿に移し替えるときにフライ返しを使っているとテフロン加工が剥がれてこびりつくようになってしまうのです。

 

こんなことになるから、餃子は作りたくないのです。

 

だから、年に2~3回は安いフライパンを買い直します。

 

せっかくのテフロン加工のフライパンでも、焦げ付くようになったら意味がありませんよね?

 

使い慣れたころに買い替えるとなると、愛着が湧いてきているから淋しい気持ちもあります。

 

安いフライパンだからテフロンが剥がれて引っ付くようになるのかもしれない。

 

テレビの通販番組でやっているフライパンは釘を炒めても傷つかないとアピールしているけど、値段が高いからなのかな?

 

そこで私も高級なフライパンを買ってみることにしました。

どんなものがあるのか調べてみると、こんなサイトを見つけました。

 

ドイツのブランド調理器具専門と聞くと聞こえがいいですよね。

 

値段はそこそこしますが、補償なんかついて家電製品みたいに安心して使えそうです。

 

ここで買ってみようかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)